うつ病講座

ニート君とマップ博士のうつ病講座-第10回「確認テストPart1-認知の偏りと高校認定試験」

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

 

【登場人物】

マップ博士(はかせ)

メンタルヘルス分野にやたら詳しいオタク。

博士は自称。

精神疾患全分野の地図を作成するという野望を抱く。

毒舌家。

 

ニート君(ニート)

高校時代に色々あり、ひきこもる。

アニメ・ゲーム、オタク。

社会復帰をするため、博士の講座を受ける。

いじめられっ子。

 

 

毎度ご愛読ありがとうございます 

ニート
祝!第10回
はかせ
どどーん!
ニート
いつのまにやら第10回ですね。
はかせ
うむ。

 

真価を問うには「抜き打ちテスト」

はかせ
ではこれからテストを始める。
ニート
えー!抜き打ちなんてずるいですよ。
はかせ
なにをいうか!

抜き打ちだからこそ、真の力が問われるのだ。

そもそもこの講座自体、ほとんどが雑談で大した勉強量ではなかろう。

 

ニート
それは言えてますね。

アニメとゲームの話しが8割を締めていた気がする。

はかせ
そういうわけで、早速いくぞ。

仮に答えられなくてもペナルティーは特になし。

気負うことはない。

ニート
りょーかいッス!

 

確認テスト開始

はかせ
【第一問】

人間がストレッサーに遭遇した時の、最初の期間を何というか?

ニート
ショック相!
はかせ
正解。
ニート
よっしゃー!!

 

はかせ
うむ。

「ペナルティはない」

と聞いて、途端に元気を取り戻したな。

では続いていくぞ。

 

はかせ
【第二問】

ショック相の後に訪れる、心身ともに臨戦態勢となる期間を何というか?

ニート
抗ショック相
はかせ
正解。
ニート
よーし、いける、いけるぞー!

 

早くもピンチ!第三問

はかせ
【第三問】

ショック相と抗ショック相。

この二つの期間を合わせてなんというか?

ニート
...え?

 

はかせ
ヒント、いるか?
ニート
お願いします。
はかせ
講義では

「イノシシに出会って戦闘モードになるまでの期間」

または

「遅刻してきたニート君が怒られてヘコむところから、言い訳で反撃をするところまで」

という例で説明したな。

(※詳しくは「第3回講座」をご参照ください)

 

ニート
あ、あ、あ、なんだっけ。

けいこく...警告反応期だ!

はかせ
おおー!正解。

ずいぶん消耗したな。

休憩するか?

ニート
いえ、続けてお願いします!
はかせ
まったく、たくましくなったものだな。

ではいくぞ。

 

きちんと理解しているようです

はかせ
【第四問】

警告反応期に続く、心身の臨戦態勢が保たれる期間を何というか?

ニート
抵抗期!
はかせ
うむ。正解だ。

ちなみにこの期間はどのくらい続くか分かるか?

ニート
えーと、約1週間だったかな。
はかせ
そう、約1週間。

人によっては約1週間~10日ともいう。

 

はかせ
【第五問】

この1週間の抵抗期でストレッサーを排除できなかった。

その後にやってくる期間はなんという?

ニート
疲憊期です。
はかせ
うむうむ。正解。

この疲憊期でどのくらいの期間ストレスを受け続けると、うつ病になると言われている?

ニート
約2週間です。
はかせ
うむ、その通り。

うつ病のチェックシートによくある

「ストレスの症状が2週間続いているか?」

と書いてある「2週間」はここからきている。

 

ニート君は「やればできる子」

はかせ
時にニート君。
ニート
はい?
はかせ
キミは高校中退がコンプレックスのようだが、

「勉強ができないわけではない」

のではないか?

ニート
へ?そうなんですか??

 

はかせ
少なくとも、私が教えたことはきちんと理解しているぞ。

キミはやればできる子だ。

ニート
ぼくができる子?

そんなこと思ったこともありませんでした。

 

目指せ!大学生。「高校認定試験」

はかせ
うつ病患者は得てして自分を過小評価しがちだからな。

うつ病がよくなったら「高校認定試験」という試験受けて大学進学目指すのも、選択肢の一つだぞ。

(※高校認定試験:旧大検。正式名称は「高等学校卒業程度認定試験」。高校を卒業してなくてもこの試験を合格すれば大学受験の資格を得られる(正確には高校卒業と同程度の学力があると認められる)。詳しくはこちらをご参照ください)

ニート
ぼ、ぼくが大学生ですかー!!

 

はかせ
まぁまだ先の話だ。

どの道を進むにしても、まずは病気の回復が一番だからな。

ただ選択肢は多いほうがよかろう。

ニート
確かに。

でも

「まだ大学受験という選択肢がある」

ということ自体、驚きです。

 

人間はなんにでもなれます

はかせ
そんなもん、言ってしまえば人間なんて、なんにだってなれるだろう。
ニート
えー、そうなんですかー?

うつ病で高校を中退した時点で、ぼくの人生は「負け組み決定」かと思ってましたよ。

 

はかせ
では聞くが、ニート君。

キミは誰かに

「おまえの人生は負け組み決定だ」

とでも言われたのか?

ニート
いえ、言われてませんよ。

 

はかせ
であれば、

「キミの人生の負け組み」を決定したのは、ニート君、キミ自身だろ。

そして自分で自分に「高校中退 = 負け組み」というペナルティをつけて、一人で勝手に劣等感を抱いていたに過ぎん。

ニート
ぐ...!

た、確かに。

 

無意識の自分ペナルティは「認知の偏り」と呼ばれています

はかせ
キミのことだ、ほかにもたくさん「自分ペナルティ」があるだろう。

「ひきこもりだから」「才能がないから」「裕福じゃないから」「友達がいないから」「ブサイクだから」「彼女いないから」...etc

ニート
...!!

 

 

大体みんな偏ってます。偏り過ぎは「悪」ではなく「損」

はかせ
そういうものを全てポジティブにとらえて克服しろ、とまでは言わん。

というか

「全てポジティブ思考で克服」

などという発想自体、不自然かつ偽善的すぎて気持ち悪いしな。

ただ、自分で解除できるペナルティに苦しんで、やりたいこともできないというのは、やはり「ただの無駄」だろ?

ニート
...はい。

 

ニート君は「偏り過ぎな、やればできる子」

はかせ
なにもヘコむことはなかろう。

キミは「思い込みが強い傾向の、やればできる子」ってことだ。

ニート
なぜだか素直に喜べない。

 

はかせ
今日はずいぶん話しが脱線したな。

さてと、確認テストの途中だが今日はここまでにするか。

ではニート君、今日のまとめだ。

ニート
はい。

 

 

まとめ

ニート君の「今日のまとめ」

 

参考資料

『Road to Node』 - 「3分間NetWorking」

 

『文部科学省』 - 「第2章 心のケア 各論」

 

『文部科学省』 - 「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」

 

『メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト II種 ラインケアコース』

 

 

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

geralt / Pixabay

facebook

google+

-うつ病講座