うつ病講座

ニート君とマップ博士のうつ病講座-第7回「コーピングPart1-いじめで学ぶ、2つのストレス対処法」

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

 

【登場人物】

マップ博士(はかせ)

メンタルヘルス分野にやたら詳しいオタク。

博士は自称。

精神疾患全分野の地図を作成するという野望を抱く。

毒舌家。

 

ニート君(ニート)

高校時代に色々あり、ひきこもる。

アニメ・ゲーム、オタク。

社会復帰をするため、博士の講座を受ける。

いじめられっ子。

 

 

 ニート君、社会復帰?!

ニート
はかせはかせ!
はかせ
なんだね?
ニート
今まで受けた講義で、ぼくもだいぶストレスについて詳しくなったと思うんです。
はかせ
ふむ。
ニート
自信もついてきたし、そろそろ社会復帰の第一歩を踏み出そうかと思いまして。

 

その自信はどこからやってきた??

はかせ
...
ニート
あの...はかせ?
はかせ
あのなぁ、ニート君よ。
ニート
はい?
はかせ
社会復帰を目指すのはキミの自由だ、止めはせん。

ただな、その自信とやらはどこからやってきた?

ニート
ですから、ストレスのこととか、うつになる仕組みとか、色々はかせに教えてもらって、たくさん知識もついてきましたし。

 

ニート君に足りないもの

はかせ
確かにこれまでの講義で、キミは多くの知識を習得してきた。

ただな、今までの知識だけでは確実に足りないものがある。

何か分かるか?

ニート
まだ何か足りないんですか?

 

はかせ
ではニート君、仮にキミが引きこもりを脱出して、めでたくコンビニでバイトをはじめたとしよう。

ところが数年間の引きこもり生活というブランクがたたり、バイトでは失敗続き。

店長には大目玉を食らう毎日。

さあ、どうするニート君。

 

確かに詳しくなりました。でもね...

ニート
えーと。

まず店長に怒られてビックリする「ショック相(しょっくそう)」

そのあとスーパーサイヤ人というか界王拳の「抗ショック相(こうしょっくそう)」

おそらくここでも怒られ続けられるだろうから「抵抗期(ていこうき)」が約1週間続く。

その後ストレス抵抗力が極端に下がる「疲憊期(ひはいき)」がきて、

その後うつ病になる。

ですね!!

(※詳しくは「うつ病講座-第2回」および「うつ病講座-第3回」をご参照ください)

はかせ
「ですね!!」じゃない。

今のキミの説明を要約すると

「めでたくコンビニでバイトをはじめたニート君は、店長に毎日怒られて、うつ病になる」

だぞ。

ニート
あ、ホントだ。

嫌です、そんなの。

 

足りないものは対処法「コーピング」

はかせ
だろ?

ニート君よ、再度問おう。

今までの知識だけでは確実に足りないものがある。

何か分かるか?

ニート
うーん...うつ病にならない方法?
はかせ
まぁいいだろう、そのようなものだ。

ストレスを受けたときの対処法だな。

「コーピング」

と呼ばれている。

ニート
コーピング?

 

はかせ
そうだ。

いくらストレスの原因やうつ病の仕組みを知っていても、それを対処する術を知らねば被弾は免れん。

つまり社会復帰をしても引きこもりへ逆戻りというわけだ。

そうならないための方法の総称と言ってもいい。

ニート
なんだかずいぶん難しそうですね。
はかせ
そんなことはない。

「コーピング」なんてかっこいい名前で呼ばれているが、その内容は我々が普段やっているような簡単なことも含まれている。

ニート
へー。例えば?

 

今回は「攻殻機動隊」ネタ

はかせ
そうだな。

例えば、ニート君。

キミは今でこそ引きこもりだが、昔は学校に行ってたこともあったのだろう?

ニート
はい。

小学校・中学校は、普通に学校に通ってましたよ。

 

はかせ
では小学生ニート君と同じクラスに一人の女の子がいたとしよう。

名前はそうだな...もとこちゃん。

くさなぎもとこちゃんだ。

ニート
そんな名前の子いませんでしたよ。

 

はかせ
いいんだよ、私の趣味だ。

でだ、彼女は不幸にも幼い頃交通事故に遭い、全身義体化(ぜんしんぎたいか)を余儀なくされた。

数年後、彼女は世界でも屈指の義体使いとしてその名を轟かす(とどろかす)事となるが、いかんせん当時はまだ幼い。

体(義体)を上手く動かすことができず、それが原因でことあるごとにいじめられていた。

いつも決まって、もとこちゃんをいじめるやつは、ガキ大将のバドーだ。

ニート
!!

「攻殻機動隊」ネタですね、はかせ!!

もとこちゃんって「草薙素子」、少佐じゃないですか~。

(※「攻殻機動隊」 :日本を代表するサイバーパンクアニメの傑作。かの「マトリックス」の監督、鬼才ウォシャウスキー兄弟(今はそろって性転換、姉妹)にも多大なる影響を与える)

 

いじめられている子をなぐさめてあげよう!「情動焦点型コーピング」

はかせ
続けるぞ。

今日ももとこちゃんは、いじめられてきた。

かわいそうなもとこちゃん。

さあニート君、キミはもとこちゃんのために何をしてあげる?

ニート
ここでいきなりぼくですか~?

う~ん、とりあえず、なぐさめる、かな。

 

はかせ
そう、この「なぐさめる」という行為、これが「コーピング」だ。

もう少し詳しく説明すると、ストレッサー(バドーのいじめ)により引き起こされた、もとこちゃんの不快な感情が、ニート君のなぐさめによって軽減された。

このようにストレッサーによってもたらされる不快な感情を、軽減させる対処を

「情動焦点型コーピング(じょうどうしょうてんがたこーぴんぐ)」

という。

ニート
情動焦点型コーピング?
はかせ
さよう。

そしてこの情動焦点型コーピングは、例えばストレッサーを受けた当事者である、もとこちゃん自身が行うこともできる。

代表的なものは「気晴らし」だな。

好きな音楽を聴いたり、買い物をしたりして、不快な感情を軽減させるってやつだな。

 

情動焦点型コーピングは、根本的な解決に向いていない

ニート
でもはかせ~。

その情動焦点型コーピングだと、いつまでたってもいじめはなくならないじゃないですか。

はかせ
お!いいところに気がついたな。

情動焦点型コーピングとは、根本的な問題の解決には向かない対応だ。

逆に「仕事や勉強が忙しい、でもやらなきゃ」みたいな時に効果を発揮する。

ストレスを軽減させて乗り切る対応法だな。

では、せっかくだ、ニート君。

もとこちゃんを助けるほかの対応はあるか?

 

いじめをやめさせよう!「問題焦点型コーピング」

ニート
ぼ、ぼくがバドーのところに行って

「もとこちゃんをいじめるな!」

って言う!

はかせ
うむ、それが1番分かりやすい。

ただキミが言ったところで、逆にいじめられるぞ、確実に。

ニート
ですよね。

う~ん、先生に言いつけていじめをやめさせる。

 

はかせ
まぁそんなところだろうな。

このように、「いじめっ子へ直接抗議」「先生の力を借りてやめさせる」といった根本的解決を図る対応を

「問題焦点型コーピング(もんだいしょうてんがたこーぴんぐ)」

という。

これも先ほどの情動焦点型コーピング同様、もとこちゃん本人が行うこと(バドーに直接抗議・先生に告げ口...etc)もできる。

 

ニート
なんだか「情動焦点型コーピング」なんてやらずに全部「問題焦点型コーピング」で解決すれば、すっきりするような気がするなぁ。
はかせ
確かにな。

ただ現実には「問題焦点型コーピング」で解決できないものもある。

あとは「問題焦点型コーピング」を使いづらい状況とかな。

会社に勤めていた頃は、そんなことだらけだったぞ。

ニート
へー。

...って、はかせってサラリーマンだったんですか?!

はかせ
まあな。

そのへんの私の過去の話になると、また長くなるから別の機会だな。

ではニート君、本日のまとめだ。

ニート
はい。

 

 

まとめ

ニート君の「今日のまとめ」

  •  「コーピング」:ストレスを受けたときの対処法。
  • 「情動焦点型コーピング」:不安やいらだちを軽減させる対処法。
  • 「問題焦点型コーピング」:ストレスの原因を根本的に解決する対処法。
  • 「攻殻機動隊」は名作、はかせはサラリーマンだったらしい。

 

 

参考資料

『Road to Node』 - 「3分間NetWorking」

 

『文部科学省』 - 「第2章 心のケア 各論」

 

『メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト II種 ラインケアコース』

 

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』

 

 

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

3dman_eu / Pixabay

facebook

google+

-うつ病講座