うつ病講座

ニート君とマップ博士のうつ病講座-第2回「ドラゴンボールで学ぶ、「ショック相」と「抗ショック相」」

2017/05/11

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

 

【登場人物】

マップ博士(はかせ)

メンタルヘルス分野にやたら詳しいオタク。

博士は自称。

精神疾患全分野の地図を作成するという野望を抱く。

毒舌家。

 

ニート君(ニート)

高校時代に色々あり、ひきこもる。

アニメ・ゲーム、オタク。

社会復帰をするため、博士の講座を受ける。

いじめられっ子。

 

 

前回に引き続き

ニート
ニート君と
はかせ
博士の  
ニート
うつ病講座ー!!
はかせ
どどん!

 

どうしてうつ病になるの?今回は「簡単な方」の説明

ニート
前回からの続きですね。
はかせ
うむ。
ニート
ではあらためて。何で人間はうつ病になるんですか?
はかせ
簡単な方でいいか?説明は。
ニート
はい。簡単な方で...

 

 ぼくたちは戦闘民族(狩猟民族)だった

はかせ
ドラゴンボールってマンガあるよな、知ってるか?
ニート
はい!大好きです。
はかせ
あのマンガに「サイヤ人」って出てくるだろ。
ニート
惑星べジータの戦闘民族っすね!!
はかせ
おお、話が早い。

人間はもともと、サイヤ人みたいな「戦闘民族」だったんだ。

 

ニート
へ?「戦闘民族」って誰と戦ってたんですか?
はかせ
マンモスとかイノシシとか、食べ物になる動物全てだ。

正確には戦闘民族ではなく「狩猟民族」というがな。

ニート
ふむふむ。

要は狩りをして暮らしてたってことですね。

はかせ
そうだ!今日はやけに反応がいいな。

本物のニート君か?

 

ニート
本物って...はいそうです。
はかせ
あぁ、おおかた大好きなドラゴンボールの話しで、テンションがあがってるってとこか。
ニート
余計なお世話です。

 

獲物に出会ってビックリ!これが「ショック相」

はかせ
まぁいい。

でだ、「狩猟民族」ニート君が、獣道(けものみち)でイノシシに出会ったとしよう。

さぁニート君はどうなる?

ニート
どうなるって。そりゃビックリしますよ。
はかせ
だな。

このビックリしている期間をメンタルヘルスの用語で

「ショック相(しょっくそう)」

という。

ニート
へー、ここでいきなりメンタルヘルス!

ビックリするから「ショック相」、分かりやすいですね。

はかせ
うむ。分かりやすいのは私の説明がうまいからだぞ。

それはさておき「ショック相」のあとはどうする?ニート君。

 

ニート君、スーパーサイヤ人になる!

ニート
イノシシの肉を食料をとして確保したいので戦います。

あ、でもあまりにも強そうなら逃げるかな。

はかせ
そうだ、戦うか逃げるか、だ。

どちらにしても敵の攻撃に備える必要がある。

その危険を本能で察知し、ニート君、きみの体にある変化が起こる。

ニート
変化?なんですか変化って?

ま、まさか...

はかせ
そう、そのまさかだ。

ニート君、きみはスーパーサイヤ人になる!!

 

ニート
おぉー!ぼくがあの憧れのスーパーサイヤ人に!!
はかせ
正確には、スーパーサイヤ人「みたいに」なる、だがな。
ニート
えぇー!髪の毛は金色にならないんですか?
はかせ
バカたれちゃん!

マンガじゃないんだ、なるわけなかろう。

 

戦闘に特化した状態「抗ショック相」

ニート
ちぇー、なんだー。
はかせ
だが、君の身体能力は格段に上がる。

なんせアドレナリンがガンガン分泌され、交感神経が超活発に働くからな。

ニート
ふむふむ、ほかには?
はかせ
血管は収縮し、戦闘時における流血を最小限に抑える。

瞳孔が開き、髪の毛は逆立ち、空腹や痛みを感じなくなる。

 

ニート
つまり、髪の毛は金色にならないけど、逆立つのか。

そして超強くなるってことですね?

はかせ
そうだ。

きみの体の全機能が、戦闘に特化したものとなる。

ニート
すげー!
はかせ
このスーパーサイヤ人(みたい)になっている期間を、メンタルヘルスの用語で

「抗ショック相(こうしょっくそう)」

という。

 

強さの代償。「抗ショック相」と「界王拳」

ニート
お?えぇ~。

なんでここでメンタルヘルス。

もっとスーパーサイヤ人の話したい...

はかせ
まったく...

じゃあもう少し「ドラゴンボールネタ」をからめて説明するぞ。

ニート
いえい!大好きドラゴンボール!!

 

はかせ
ニート君よ。

キミは「強くなる」と聞いて浮かれているようだが、ヘタレのキミがそこまで強くなるということは、相応の代償があるということだぞ。

ニート
えー!聞いてないっすよ、そんなの。

ずっと強いままじゃないんですか?

はかせ
そんな都合のいい強さ、マンガですらありえん。
ニート
確かに...

 

はかせ
「抗ショック相」というのはスーパーサーヤ人というより、むしろ「界王拳」に近い。
ニート
「界王拳」って、あの

「カラダもってくれよ!3倍界王拳だっ!!」

ってやつですよね?

スーパーサイヤ人とどう違うんですか?

はかせ
反動だ。

いいか。孫悟空ですら、対べジータ戦で、3倍界王拳(最後チョットだけ4倍)の後の反動はすさまじかっただろう?

ニート
はい、確かに凄い反動でした。

界王拳使った後、ヤジロベーに軽く肩叩かれただけで、

「う!うああああ...」

とか言ってました。

 

うつ病の正体は「反動」

はかせ
そうだろ。

そして同じように現実の世界でニート君が2倍の強さを手に入れたらどんな反動が来ると思う?

ニート
どんなって...

は!まさか!!

はかせ
そう、そのまさかだ。

ニート君は、いや人間は、その反動で「うつ病になる」

 

ニート
えー、じゃあ昔の人たちはみんなうつ病だったんですか?
はかせ
そのあたりの話しをすると、また長くなるんでな。
ニート
次回にしましょうか。
はかせ
うむ。

ではニート君、今日のまとめだ。

ニート
はい。

 

 

まとめ

ニート君の「今日のまとめ」

  • ビックリするのが「ショック相」
  • スーパーサイヤ人、というか界王拳に近いのが「抗ショック相」
  • 界王拳はせいぜい2倍までに抑えておけ。

 

 

参考資料

『Road to Node』 - 「3分間NetWorking」

 

『文部科学省』 - 「第2章 心のケア 各論」

 

『ドラゴンボール』 19巻 20巻

 

 

~ 勝手にスペシャルサンクストゥ網野衛二先生 3分間 NetWorking ~

kirahoffmann / Pixabay

facebook

google+

-うつ病講座