うつ病の治し方

うつ病の治し方-基本編「薬と休息と自己治癒力」

うつ病治療の基本は3つです。

  1. うつ病かな?と思ったらまず病院
  2. うつ病になったらゆっくり休むこと
  3. 薬はきちんと飲みましょう

 

当たり前のことですが、なぜこの当たり前が大切なのか?

その理由を書いてみたいと思います。

 

うつ病治療の基本

うつ病は病院に行けばよくなります。

病院に行って薬もらって飲んで治すというのが一般的な流れですが、実は、薬を飲むと「悲しい気分がおさまる」だけで「うつ病が治る」わけではありません。

 

じゃあなんで薬飲むの?ってなりますよね。

 

薬を飲むのは、安定した精神状態を作るため。

薬を飲むとまず「悲しい気分がおさまる」

そうすると結果的に「精神が安定した状態が長くなる」んです。

 

常に悲しい状態だと、それが元で精神的に疲れて、 また悲しくなってしまう、という悪循環に陥りやすい。

 

そのため、ある程度、悲しい気分を薬でコントロールしてあげると、

 

「精神が疲れてないから、悲しくなりづらくなる」

 

つまり薬は基本的に悪循環から抜け出す(もしくは陥らない) ために使われます。

 

うつ病を治してくれるのは、自己治癒力です。

そして、薬で手に入れた安定した状態で何をするか?

 

休息を取ります。

 

休息をとると、はじめてうつ病は回復します。

結局うつ病もほかの病気や怪我同様、 「自己治癒力」によってのみ回復するのです。

 

しばらくすると薬の効果が切れてきます。

もう一度薬を服用し、安定した状態を作る。

安定した状態の間に休息を取り、自己治癒力により回復する。

 

基本的にはこれを繰り返すことで、 徐々に回復し、寛解(かんかい)に至ります。

 

うつ病治療の注意事項

以上がうつ病の治し方です。

非常に簡単ですが、注意すべきことがいくつかあります。

そのためここからは、治療の際に注意することを説明していきます。

 

自分で休息をとれないのが、うつ病です。

ごくごく軽いうつ病であれば、薬の力を借りなくとも、 休息をとることで回復することができます。

 

ただ、うつ病患者のほとんどは、 休息を取ったつもりでも休めていません。

頭の中が常に悲しい状態のため、体を横たえても 頭の中が休まらないのです。

自力で休息を取ることができない、といってもいいでしょう。

 

そのため、薬を使って頭の中を一時的に休めます。

 

「怪我が痛すぎて眠れないから麻酔を使って痛みを取り除いて眠る」

 

そんな感じです。

 

「悲しすぎて頭の中が休めないから、薬を使って悲しみを取り除いて休む」

 

薬が必要か不要か?判断できるのは医師だけです。

どのくらい悲しい場合に薬を使うのがよいか?

またどのくらい悲しい場合なら薬は不要か?

 

この判断は医師しかできません。

だから、

>1.うつ病かな?と思ったらまず病院

というわけなんですね。

 

病院に行って損することはありません。

なぜか病院に行くことをためらう人が多いのですが、 病院に行って損になることは何もありません。

 

うつ病と診断されたなら、治療できてよかった。

うつ病でないと診断されたなら、病気でないことが分かって安心。

 

行かない理由がありません。

 

病院に「行けない」理由は、「意識過剰」と「偏見」です。

行けない理由は何となく見当がつきます。

過剰な自意識が、自分がうつ病であることを認めないんです。

 

「自分がうつ病なんて、周りに知れたらどうしよう」

「うつ病なんて社会の失格者、不適合者だ」

「自分はそんなに弱い人間じゃない、自分はそんなだめな人間じゃない」

 

適切な治療と回復を手放してしまうには、 どれもこれもクズのようなくだらない思い込みです。

別名「うつ病に対する偏見」ともいいます。

 

とっとと捨てて病院に行くのが賢い選択です。

 

(※嫌な言葉をたくさん使ってしまい、ごめんなさい)

 

休息をとらないと、自己治癒力は働きません。

さて、病院から帰ったら、薬を飲むことはもちろんのこと、 休息を取らなければなりません。

 

薬を飲むと一時的に悲しい気持ちがおさまります。

これを「うつ病が治った」と勘違いして、休息を取らずに仕事や勉強に戻る人がいます。

 

必ず悪化します。

 

なぜならうつ病は他の病気や怪我同様、 「自己治癒力」でのみ回復するからです。

そして「自己治癒力」がきちんと稼動するには、休息が必要だからです。

 

>2.うつ病になったらゆっくり休むこと

 

とは「自己治癒力」を最大限まで稼動させること、なんですね。

 

「薬のことを一番よく知っている」のは医師です。自分ではありません。

薬を飲み、休息をとる、これを繰り返していると 徐々にうつ病から回復してきます。

 

ここでも気をつけなければならないことがあります。

 

「だいぶ治ってきたからもう薬はいらないな」

 

勝手に薬を飲むことをやめてしまう人、多いです。

必ず元の悪い状態にもどります。

 

「自分のことは自分が一番分かる」

 

おそらくこのような考えがあるのでしょう。

確かにその通りだと思います。

 

ただ、

 

「自分の飲んでいる薬のことを一番分かっている」

 

のは 自分ではありません。

一番分かっているのは医師です。

 

医師とは薬のエキスパートです。

 

何百種類もある薬が、人の頭や体にどのような影響を与えるか?ということを、 数mg単位で熟知しています。

加えて、何百・何千・何万といった患者に、そのような薬の調整をしてきた経験もあります。

自己判断で薬を飲むのをやめた患者の末路など、 掃いて捨てるほど見てきています。

 

末路は必ず悪い状態に戻る。

 

>3.薬はきちんと飲みましょう

 

勝手にやめれば必ず悪くなるし、責任も持てないぞ。

そういってるんですね。

 

まとめ

私はこのサイトのほかの記事で、

「うつ病は薬で治す」

ということを書いてきました。

 

今回の

「うつ病は自己治癒力でのみ回復する」

と矛盾しています。

 

まとめとして、最後にこの矛盾の言い訳をしていこうと思います。

 

うつ病は以下の順番で治ります。

  1. 薬を飲んで
  2. 悲しい気持ちを抑えて
  3. 一時的に安定した精神状態作り
  4. 休息をとり
  5. 自己治癒力を働かせ
  6. 回復を図り
  7. うつ病が治る!

 

今回の記事を読んでいただいた皆様であれば、同意していただけると思います。

 

ただ、そうでない人がこの順番だけを見ても「なんじゃそりゃ?」でしょう。

 

ましてや、うつ病の症状が重い状態の人へ説明しても、 理解できないどころか、反感や治療拒否につながる恐れがあります。

 

うつ病とは本当に苦しいものです。

私もそうでしたし、今でもそうです。

 

「自分が自殺するかもしれない」

 

本当に恐いんです。

言葉通り、死ぬほど辛くて、死ぬほど恐くて、死ぬほど切羽詰っているんです。

 

そんなうつ病が重い患者に対し、

 

「うつ病とはね。。。 薬を飲んで、悲しい気持ちを抑えて、一時的に安定した精神状態作り、 休息をして、自己治癒力を働かせ、回復を図り、うつ病が治る。 そういうものなんだよ」

 

そんな説明をされても

 

「理屈はいいからどうすれば治るんだ!!」

「本当に死にそうなんだぞ、分かってんのか??」

「医者だろ早く治してくれ!!」

 

こうなってしまうんです。

 

結果として中間を端折った(はしょった)

 

「薬を飲んで、うつ病が治る」

 

となるわけです。

 

確かにとっても大事な「自己治癒力」が抜けていますが、薬を飲んで休んでいれば、「自己治癒力」を意識しなくとも、うつ病は治ります。

 

ただ、この

 

「うつ病は薬で治す」

「薬を飲んで、うつ病が治る」

 

といった説明は、

 

「薬さえ飲んでいれば、うつ病は治る」

 

ということではありませんので、くれぐれもお間違えのないようにご注意ください。

 

だんだんややこしい話しになってきました。

 

  1. うつ病かな?と思ったらまず病院
  2. うつ病になったらゆっくり休むこと
  3. 薬はきちんと飲みましょう

 

焦らず、たゆまず、へこたれず、 まずはこれをきちんと守ること。

これが意外とできないんですよね。

 

おまけ

そうそう、このようにうつ病の治し方を説明している私自身、実はまだうつ病が治っていません。

 

どうして治っていないのか?

 

治療開始が大幅に遅れたためなんです。

早期治療は、本当に大切です。

 

↓詳しくはこちらをご参照いただけると幸いです

FreePhotosART / Pixabay

facebook

google+

-うつ病の治し方