定例会報告

今回はこんな定例会でした-カミングアウトのタイミング・関東周辺の当事者会・リカバリーフォーラム・パニックになった時-2017年8月19日(土)

今回の参加者は総勢8名。

前回に引き続き、大盛況でした。

 

  • jiro(ジロー)さん:♂代表兼ファシリテーター(司会者)。
  • kさん:♂前回に引き続き2回目の参加。
  • さっちゃんさん:♀4ヶ月ぶりの参加。
  • トシさん:♂前回に引き続き2回目の参加。
  • KENTA(ケンタ)さん:♂初参加。
  • ごうさん:♂初参加。
  • なおさん:♂1年振りくらい。jiroさんとは古くからの付き合い。
  • kan(カン):♂わたくし。だいたい毎月参加。

 

【注意】

了承をいただいた方のみ、ハンドルネームを使用しております。

(ハンドルネーム変更の希望があった場合は、変更後のハンドルネームを使用)

本名で出席された方はイニシャルで表記しております。

 

 

差し入れ

kさんからお菓子の差し入れをいただきました。

kさん、ありがとうございました。

 

カミングアウトのタイミング

前半最初のトピックは、今回初参加のKENTAさんから。

KENTAさん、趣味は野球。

 

「精神疾患を他人に打ち明けるかどうか?打ち明けるならどんなタイミング?」

 

【jiroさん】

すぐにはしゃべらない。

相手の人柄が分かってから、打ち明けるかどうか決める。

体育会系の方にはあまり話さない。

以前少し嫌な経験があったため。

 

【kan】

まず打ち明ける。

後になると、言いづらくなるため。

普段から「ヘルプマーク」をつけているから、周りの人は薄々気づいていると思う。

 

↓ヘルプマークの詳細についてはこちらをご参照ください。

 

【なおさん】

打ち明けない。

昔は自分から打ち明けていたが、結局理解されない。

当事者には打ち明ける。

 

【さっちゃんさん】

打ち明けない。

見た感じ(明るくてたくさん話す)とのギャップがあるため、理解されない。

当事者には打ち明ける。

 

【kさん】

打ち明けない。

当事者には打ち明ける。

 

【ごうさん】

打ち明けない。

 

【トシさん】

相手を選ぶ。

 

新しい仕事の時は迷う。

打ち明けない方が仕事に採用されやすい。

打ち明けると採用されないことが多い。

ただ、打ち明けないで採用されると、仕事を始めてからが大変。

まわりの理解を得られないから、結果的に限界がくる。

 

【KENTAさん】

地域活動センターに通っている。

そういった場を含めて、はじめての場合でも自分から打ち明けることが多い。

ただ、家族はあまり周りには知られたくない様子。

 

 

関東周辺のほかの当事者会はどんなところがある?

続いて、同じく初参加のごうさんから。

ごうさんは、就職を期に上京し、約2年。

働きながら治療をされています。

 

「ほかの当事者会や会合にも興味があるが、どのようなところがあるか情報があったら知りたい」

 

 

【なおさん】

※なおさんは、都内でも最大規模の当事者会の代表を務めています。

 

まずは自分がどの症状・どんなジャンルの当事者会を求めているのかを確認するのがよい。

下記2サイトは、信頼できる検索サイト。

この検索サイトを使って確認するのがおすすめ。

 

「すまいるナビゲーター」

 

「リカバリーJAPAN」

 

基本的には自分が住んでいるところから、近い場所から探すのがよい。

定期的に遠くの会へ参加するのは、心身ともに負担が大きい。

 

あとは、実際に参加してみて自分に合うかどうかを確かめるのがよいと思う。

 

(なおさんが)個人的にいいと思った会合は、下記の2つ。

 

【補足:kan】

上記の会は双方ともに、主催側がインターネットでの開催情報公開はしていないようです。

開催情報については、先にご紹介した「リカバリーJAPAN」の千葉県イベント情報一覧に、詳しい情報が記載されていました。

あわせてご参照ください。

 

↓リカバリーJAPAN-千葉県イベント情報一覧

 

また、リカバリーJAPANでは、Twitterで随時情報を発信しているようです。

最新の情報を知りたい、という方はフォローをおすすめします。

 

↓リカバリーJAPAN、Twitterアカウントのフォローはこちらから

 

 

【jiroさん】

COMHBO(コンボ:NPO法人 地域精神保健福祉機構)についての説明。

「元気+サークルズin秋葉原」の母体になっている組織。

jiroさんも、このCOMHBOを通して、今回参加のなおさんはじめ、多くの方と知り合えたそうです。

 

 

 

【kan】

「東京うつ病友の会」という当事者会に4回ほど参加したことがある。

運営や進行がとてもしっかりしている印象を受けた。

当事者会の「正統派スタンダード」を知るために、1度は参加することをおすすめする。

 

↓東京うつ病友の会の詳細はこちらをご参照ください

 

 

【kさん】

当事者会・会合等は

「ミーティング形式の会」 ~ 「国会議員とやりとりをする場」まで

いろいろなところに行った。

 

「自分に合っている」と感じるところを見つけることが、一番重要だと思う。

 

 

【さっちゃんさん】

COMHBOで年に一度行われる総会「リカバリーフォーラム」の、「ピアサポートの部屋」という分科会で、「元気+サークルズin秋葉原」を知った。

 

 

【トシさん】

当事者会にも「相性」があると思う。

何度か通ってみて、いいなと感じる当事者会を見つける。

そして、その当事者会のメンバーの口コミで、また別の当事者会に行ってみる。

口コミは、信頼できる情報が多い。

 

ここで、一旦休憩をはさみ、後半に入りました。

 

 

「リカバリーフォーラム」について

後半最初は、なおさん・jiroさんから。

 

「2017/8/25(金)~2017/8/26(土)にかけて開催される、COMHBO主催の「リカバリーフォーラム」について」

 

【追記:kan】

先にjiroさん、さっちゃんさんから話題に出た「COMHBO」が主催する年に一度の総会が、次の週末に開催されるそうです。

紙面上、詳細説明は省略させていただきます。

 

詳しくは、COMHBOの下記リンクをご参照ください。

 

↓「当日参加できます:リカバリー全国フォーラム2017」

 

↓リカバリー全国フォーラム2017パンフレット

 

参加者にはパンフレットが配られたのですが、Q&A形式でいろいろ教えていただきました。

 

【Q】ざっくりとどんな会?

【A】精神疾患の方々が集まる会。会場は帝京平成大学(池袋)

 

【Q】COMHBOの会員じゃなくても参加できるの?

【A】できる。

 

【Q】費用はかかるの?

【A】会員でない場合、1日間参加:\3,000- / 2日間参加:\5,000- の参加費が必要。

※精神疾患当事者の場合

 

【Q】詳しい内容は?

【A】前半は大きな会場で講演会・シンポジウムなど。後半は11の分科会に分かれて、いろいろな催しをやっている。

 

【Q】雰囲気は?まじめ?ゆるい?

【A】プログラムや分科会によって。まじめもあれば、くだけた感じもある。1日目(8/25)は18:00から懇親会(別途費用)もある。

 

【Q】おすすめのプログラム、分科会は?

【A】好みがあるから一概には言えないが、今回の定例会メンバーに合いそうなものは以下の通り。

 

[1日目]

トークライブ「私とコンボ、これまでの10年、これからの10年を語ろう」

分科会2「どのようにしたら、ピアスタッフになれるのか?」

分科会3「アンチスティグマとリカバリー ~相模原事件を考える~」

分科会4「精神医療の「見える化」2017」

分科会7「精神医療サービスの「見える化」を未来から語るプロジェクト」

分科会11「女性とうつ」

懇親会

 

[2日目]

分科会12「WRAP - 元気回復行動プラン」

分科会16「ピアサポートの部屋 ~結婚している人の話を聞いてみよう~」

分科会18「精神科医療の長期入院を斬る!」

 

【Q】今回のリカバリーフォーラムに参加される方は?

【A】jiroさん、なおさん

 

【Q】今までリカバリーフォーラムに参加したことがある方は?

【A】jiroさん、なおさん、さっちゃんさん

 

【Q】リカバリーフォーラムに参加したら、COMHBOの会員にならなきゃいけない雰囲気とかある?

【A】一切ない。「会員になってくれる方がいたらうれしいな」くらいはある。

※COMHBOの会員とは:年会費\5,000。「メンタルヘルスマガジン こころの元気+」という雑誌が月に一度購読できる(郵送されてきます)。ほかにもさまざまな特典がここでは省略。

 

 

なお、前回の定例会報告で

 

「jiroさんもリカバリーフォーラムで発表をする」と

 

書きましたが、公演をするようなことはないそうです。

あくまで参加者として、発表(というか発言)をするかもしれない、とのことでした。

 

 

最近物忘れがひどい

次の話題はわたくしkanから。

 

「最近物忘れがひどい。みなさんの「物忘れでやらかしちゃった話し」があったら聞いてみたい」

 

【KENTAさん】

スマホ・手帳を失くした。

 

【kさん】

買い物に行って、なにを買いに言ったのかを忘れる。

 

【jiroさん】

カレーを火にかけて、そのまま忘れて、おなべを焦がした。

調子が悪い時は危ないことはやめておいたほうがよい。

 

【トシさん】

病気になってから、忘れるというより

「覚えていられない、頭に入らない」

 

国家試験の勉強をしたことがあったが、あの記憶力がまったくなくなった。

(※国家試験の結果:合格)

 

【なおさん】

パスワードを忘れる。

同時並行で何かをすると忘れやすいので、やらないように気をつけている。

 

【ごうさん】

仕事で忘れることがある。

忘れないように、すべてパソコンでメモを取っている。

 

 

パニックになった時の対処法

後半最後は、さっちゃんさんから。

 

「たくさんやらなければいけないこと、せっぱつまったことがあると、パニックになってしまう。みなさんの対処法を聞いてみたい」

 

【KENTAさん】

やらなければいけないことをノートに書き出す。

 

【kさん】

対処法ではないが、冠婚葬祭などでいきなり

「最後の挨拶をやってほしい」

といわれると、せっぱつまってパニックになる。

あれは本当に困る。

 

【トシさん】

KENTAさんと同じく、やらなければいけないことをノートに書き出す。

あと、書き出したことに優先順位をつけるとうまくいくことが多い。

 

【ごうさん】

同じく、ノートに書き出す。

パソコンがある場合は、パソコンにメモしている。

 

【kan】

やっていることを全部やめて、まずは落ち着く。

 

【なおさん】

1度リセットする。

 

 

最後に今回の定例会の感想をひと言

少し時間があまったので、最後に皆さんから今日の感想をひと言ずついただきました。

 

【kさん】

ほかの当事者会・会合の情報がきけてよかった。

 

【KENTAさん】

【お詫び:kan】

すみません、定例会のメモを見返したのですが、自分(kan)の字が解読できません...

 

KENTAさん、および参加された皆さま

 

申し訳ありません。

KENTAさんの最後の感想を覚えていらっしゃる方おりましたら、掲示板 or お問合せフォームからお知らせいただけると幸いです。

 

 

【kan】

専門的な話しが聞けてよかった。

 

【トシさん】

いろいろ聞けてよかった。

 

【なおさん】

いつも通りリラックスできる会でよかった。

 

【ごうさん】

いろいろ聞けてよかった。

気が楽になった。

 

【さっちゃんさん】

都合をつけてなるべく参加したい。

 

【jiroさん】

たくさんの方に参加していただけて、うれしい。

ありがとうございました。

 

次回定例会

次回の「元気+サークルズin秋葉原」定例会は、下記の通りです。

 

日時:2017年9月23日(土) 13:00~15:00

場所:秋葉原Tera-coya 4F

 

13:00より前に到着された方は、入室はなさらず、1Fにある会場ビルのとびら前で、時間までお待ちいただくようお願いいたします。

 

 

まとめ

今回の定例会報告を読んで

 

「あんまり面白くなかったのかな」

 

と感じる方が多いかもしれません。

 

そんなことはありません。

当事者会についての専門的な話しが若干多かったものの、いつも通り楽しい定例会でした。

 

ただ、私(kan)の調子があまりよくなく、うまく文章が書けない次第でして。

とりあえずメモを清書したような記事になっております。

 

調子がよくなったら、少し加筆修正するかも、です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

3dman_eu / Pixabay

facebook

google+

-定例会報告