定例会報告

今回はこんな定例会でした-マインドフルネス・他人の視線が気になる・自己肯定感が持てない...-2017年5月27日(土)

はじめに

※今回はjiroさんに記事を書いていただきました。

 司会・会場確保・事前告知...etc

 お忙しい中、ありがとうございました!

 (広告・リンクはkanが設置)

 

 

夏が近づくにつれて例会も参加者が多く増えました。

毎度ながら、様々な切り口で大変に参考になった次第です。

参加者は5名。

  • jiroさん:代表兼ファシリテーター(司会者)。
  • Bさん:女性。常連さん。ムードメーカー。
  • Iさん:男性。参加2回目。働きながら通院治療をしています。
  • Dさん:男性。初参加。学生さん。
  • Kさん:男性。初参加。学校の先生。

 

お菓子がいっぱい

Bさん、Iさんからお菓子の差し入れを提供して頂きました。

いつも大変にお世話になっています。

おいしく食べながら、定例会スタートをしました。

 

薬が効いてきて、調子が上向いたらどうしたら良いのか?

自己紹介の近況でIさん、初参加のDさん共に、服用してる薬が上手く作用して、

「いま何をやったらいいのか」

と模索(もさく)しているということで、最初のテーマが決まりました。

 

Iさんはマインドフルネスや座禅を体験してみたそうです。

  • 経験的に体系立てたのは「座禅」であり
  • 科学的に体系立てたのが「マインドフルネス」だ

と解釈しているとのこと。

 

俯瞰(ふかん)して上から眺める形で自分を見つめてみるようにしているそうです。

悲観的な不安が沸き上がる時に意識して座禅を組んでいる、とお話ししてくれました。

 

そこでBさんから面白い質問が、

「薬が効いている感覚が私にはいまいち分からないのだけど、IさんとDさんはどのような自覚症状があってそう判断してるのですか」

 

Iさん、Dさんは

「深夜2時、3時に中途覚醒して反動に昼に強烈な眠気に襲われていたが、朝まで眠れるようになった」

「睡眠のリズムが取れて、夜型から脱却した」

 

私(jiro)も膝を叩いてこれは非常に実感しました。

深夜に中途覚醒して寝床に居るのが「もったいない」と感じて、PCなりテレビを付けて深夜アニメを視聴、そのまま2ちゃんねるやツイッターで実況というのがゴールデンダメパターンでしたので…ハイw

 

Iさん曰く、朝の「ラジオ体操」も導入してメンタル管理をしてるとのこと。

 

ここでBさんが『寝たまんまヨガ』(以前、常連Kanさんがお薦めしてたアプリ)も生活のリズムを取るには良かったと感想がありました。

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: リラックスした睡眠で不眠解消!

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: リラックスした睡眠で不眠解消!
無料
posted with アプリーチ

 

私は若い時のように「何でもしたい」から脱却して、まず睡眠時間確保の生活時間の断捨離が大事だなと思いました。

 

ここで、Kさんが途中参加されました。

生活のリズムについて、Kさんは

  • 眠る前には部屋を暗めにする
  • 小難しい本を読んで頭が冴えないように努力してる

とのこと。

 

「太陽がある時に活動をする」のが大事ですね。

 

 

他人の視線が気になる

Bさんが

「私は逆に夜も昼も眠くて堪らない。特に夕方の3時が憂鬱(ゆううつ)で、眠りたい。昼間に外に出るのが億劫(おっくう)で他人の視線が気になる」

と新たな話題を提起してくれました。

 

それにKさんも非常に同意して、

「他人の視線が気になるので、目ではなく唇あたりを視るようにしてる」

と語ってくれました。

 

Kさんは更に加えて、

「薬は効いているのだけど、微妙に足りないと感じる時もある」

「人の視線が気になる時は、音楽を口ずさみながら運動をすると気が紛れるので良いです」

とアドバイスしてくれました。

 

具合が悪いと、夜型になってしまう。

つい近所の人にどう映るのか、同世代の知人と比較してしまうので、物理的に他人と会わない夜型だと悩むことが少なくなるかも知れません。

「他人の視線が気になる」というのも密接に生活のリズムと関連している、と私は思いました。

 

Kさんは

「働く場所以外に趣味などで人に会うこと、居場所を探すことは大事」

と語ってくれました。

 

 

自己肯定感が持てない...どうしたら

Bさんが

「なかなか自分を上手く肯定できないどうしたらよいだろうか」

と話題を振ってくれました。

 

Bさんは

「今まで聴いてきたB'zに加えて、林原めぐみさん、水樹奈々さんの曲も聴くことで随分と元気になった」

と語ってくれました。

 

 

 

Iさんは

「ノートを小まめに取って、ネガティブな自己イメージが浮かんだら違う視点で眺めるように書き出している」

とノートを見せて頂きました。

 

人それぞれの、元気になる、自分を肯定できる工夫を訊いてためになりました。

 

私、jiro的にはアニソンはアップテンポな曲が多いので、気楽に自己肯定感や多幸感を感じることができると思っています。

特に『戦姫絶唱シンフォギア』に使われている水樹奈々さんの楽曲はそういうのが多いので便利ですね。

(※Amazonで視聴できます)

 

まとめ

いつもながらみんなで集まって喋っていると様々な視点が浮かび上がり、新しい切り口がどんどん浮かび上がるものだと膝を叩いています。

薬が効いてくると、睡眠のリズムが回復するけど他人の視線が気になる。その視線にどう対応するのか?

「働く」場所以外に当事者が集まれる場が必要なんだと思いました。

 

なかなか有意義な5月の定例会でした。

参加して頂いた皆様、ありがとうございます。

 

蛇足ながら…、次回の告知を致します。

  • 日時:2017年6月24日(土)13:00~15:00
    (開場前の入室は控えてください。チェックアウト時間は14:30。それまで出入り自由です)
  • 場所:スタジオTera-coya 5F(いつもと階数が違います!)
    (東京都千代田区神田佐久間町3-31-3)
    ○アクセス:JR秋葉原駅昭和通口から徒歩3分
    ○地図:tera-coya.jp/salon/company.html#map
  • 参加費:500円
    (2016年4月より料金改定しました)
  • 参加方法:原則的に現地集合です。事前にメール申込みの必要はありません。特別な配慮が必要なケースの場合は、メールでお問合せください。
  • 持ってきて頂くもの:スリッパ一式
    (会場は土足禁止です)
  • 定員:10人
    (原則、当日参加でも可能です。但し定員に迫りそうな時はツイッタ―で告知して調整する時もあります)

※会場はバリアフリー対応は難しいと思われますので、申し訳ございません

Devanath / Pixabay

facebook

google+

-定例会報告