アニメ・マンガ

過去の自分に手紙が書けたら、うつ病は防げたかな?-アニメ「orange」を観て

2017/01/15

「orange」ってアニメ観ました。
10年前の自分に手紙を送って、大切な友人を救うという物語です。

これを観て思ったんです。

「過去の自分に手紙が書けたら、うつ病は防げたかな?」

って。

「何歳の頃の自分に、どんな手紙を送ればいいんだろう?」

って。

 

私の答えは、

「自分宛の手紙ではいつ、どんな内容を送っても、うつ病は防げない」

でした。

私の場合、必要なものは、「適切な助言」ではなく「自分を思ってくれる他人の存在」だったんだと思います。

手紙の助言では「自分を思ってくれる他人の存在」は手に入りませんからね。このアニメを観てつくづくそう感じました。

 

でも最近考えるんですね。
元気+サークルに参加されている方々が、もしかしたら「自分を思ってくれる他人」の候補なのかもしれない、って。

そして候補の皆さまが、私を思ってくれる存在になるかどうかは、私次第。

過去や未来の自分に期待をするのではなく、手紙を送る相手は「今の自分」。

あくまで「私」の場合ですけどね。

皆さんなら「過去の自分」にどんな手紙を書いてみたいですか?

よかったら教えてください。

 

U-NEXT

 

masterstudio / Pixabay

facebook

google+

-アニメ・マンガ