眠り

「寝たまんまヨガ」の効果を最大限まで引き出す方法。練習でリラックスの熟練度は上がる

2017/06/04

寝落ち続出で有名なアプリ「寝たまんまヨガ」。

私は寝落ちしませんでしたが、確かにリラクゼーション効果は高いです。

 

というかこのアプリ、実は寝落ちすると効果は半減するんです。

 

「寝落ちすると、なぜ効果が減るのか?」を含めた、リラクゼーションの仕組みと、その効果を最大限に引き出す方法をご紹介いたします。

 

また、「寝たまんまヨガ」の唯一の欠点 & それを補うアイテムもあわせてご紹介しております。

 

少し長くなりますが、最後まで読んでいただければ、必ず皆さまのリラックスのお役に立つ情報です。

(所要時間7~8分程度)

 

無料なのでまずはやってみよう!

説明したいことはいろいろありますが、まずは実際にやってみることをおすすめします。

 

↓ダウンロードはこちらから

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: リラックスした睡眠で不眠解消!

寝たまんまヨガ 簡単瞑想: リラックスした睡眠で不眠解消!
無料
posted with アプリーチ

 

ダウンロードは無料。

10個あるリラクゼーションメニューのうち、2つが無料で使えます。

 

静かな場所で一人でやる

なるべく静かな場所で一人でやると、リラックスできます。

あと寝落ちしちゃうかもしれないので、あんまり寒くない所で。

 

逆に、人がいるところではやらない方がいいです。

特に小さい子供が遊んでる所とかは危険。

仰向けで完全に力を抜いてるところに飛び乗られたりしたら、マジで内臓破裂します。

 

時間帯はいつでもいいけど、30分~1時間くらいは余裕があるといいかな。

あとに予定が詰まってたりすると気になって、集中してリラックスできないので。

 

「集中してリラックス」って言葉、なんか矛盾してるけど大事なんです。

のちほど詳しく説明します。

 

リラックスしたあとスッキリするから「寝たまんまヨガ」は偉い!

さて、実際やってみると分かるのが、ただ頭がぼんやりして眠くなる感じのリラックスではない、ということ。

もちろんリラックスできるのですが、さらに終わった後、すごくスッキリしてるんです。

体も頭も。

このスッキリ感があるから、このアプリは偉大なんです。

 

「まず力を入れてから力を抜く」からリラックスできる

まずはリラックスの説明から。

 

いきなり

「それではリラックスしてください」

って言われて、リラックスできる人ってなかなかいないと思います。

なぜなら私たちは、リラックスする方法がよく分からないからです。

 

で、このアプリの偉いところは、このリラックスする方法を一瞬で教えてくれるところ。

 

まずリラックスさせる部分(腕とか足とか)に「思いっきり力を入れてください」ってはじまるんです。

そして十分に力を入れた後「力を抜いてください」。

たったこれだけ。

 

力みを意識できたから、力みが残っていないかが意識できる。

 

実にシンプルかつ効果的、すばらしい。

 

スッキリするのは疲労が回復してるから

次にスッキリの仕組みです。

 

普段無意識に力が入って緊張している部分って、無意識に疲れている部分です。

 

力が入る → 疲れる → 意識していないから力を入れ続ける → 意識しないで疲れ続ける

 

これを繰り返しているから「休んでもなぜか疲れが取れない」って人が多いわけで。

 

で、「寝たまんまヨガ」のお姉さんの声にしたがって、力を入れてから抜いたり、体の各パーツをリラックスさせていくと、普段無意識に力が入っている部分、つまり無意識に疲れ続けている部分の力が完全に抜けるわけです。

 

完全に力が抜ければ、完全に休ませることができる。

 

休ませることができれば、疲れが回復するのは当たり前。

こうして肉体疲労が回復するので、終わった後に体がスッキリするんです。

 

頭までスッキリするからさらに偉い!

これだけでも充分満足なのですが、「寝たまんまヨガ」は、ここからさらに頭までスッキリさせてくれます。

 

どうやって頭をスッキリさせているか。

一言で言うと「肉体が回復する感覚を味わうことで、脳を幸せにする」んです。

 

疲れたときにお風呂に入ると、じわーっと染み入る感じ、気持ちいいですよね。

あの気持ちよさが、肉体の回復を感じて脳が幸せになっている状態です。

そして風呂上りはスッキリ。

 

体の力を完全に抜くと、これと同じことが起こるわけです。

 

小さな感覚を意識することで、気持ちよさが倍増

そしてこの気持ちよさをさらに高める方法があります。

それは「小さな感覚を意識する」こと。

 

 

「寝たまんまヨガ」では、「力を入れてから力を抜く」をやったあと、体の各パーツひとつずつへ意識を向けて、全身の力を完全に抜いていきます。

その合間にちょいちょい出てくるのが、すごく小さな感覚を意識させる言葉。

 

「上唇と下唇が触れ合っている感覚を感じてください」

とか

「上瞼(うわまぶた)と下瞼が触れ合っている感覚を感じてください」

とか。

 

実はこれ、力を抜くのと同じくらい重要なんです。

力を抜くのと同じくらい重要。

大事なので2回言いました。

 

唇や瞼(まぶた)が触れ合うといったことを意識することで、普段より感覚の精度が高まります。

その高まった感覚を肉体の回復に向けることで、より気持ちいい、より幸せだと脳が認識するわけです。

 

肉体に「与える」快感には限界がある

私たちは普段、幸福感を得るために、肉体に何か与えようとします。

 

おいしいものを食べたり、面白いテレビを見たり、性的な欲求を満たしたり...etc

 

こういったことは悪いことではないし、必要なことです。

ただ、肉体に与える系に共通して言えるのは、「疲れをともなう」そして「飽きる」

ずーっとやってたら疲れるし、そのうち飽きちゃう。

つまり得られる幸福に限界があるってことです。

 

ちなみにこの限界を超えてハマってしまうのが「中毒」

疲労で身を削っているのに、幸せになりたくてやめられない、ってやつです。

 

感覚を研ぎ澄まして得られる幸福感には限界がない

一方、肉体の回復を感じることで得られる幸福感には限界がありません。

いや、肉体の回復自体には限界があるけど、それを感じ取る感覚は限りなく研ぎ澄ませられる、って感じかな。

どんどん気持ちよくなるし、そもそも疲れないから、ある意味最強。

(「気持ちいい」というよりは、「自分が澄み切っていく」って方がしっくりくるかも)

 

もちろん中毒になる危険性もありません。

 

最強のリラックスには、練習の積み重ねが必要

以上が「寝たまんまヨガ」で得られる効用。

ただ、しょっぱなからこんな最強技が使えるかというと、もちろんそんな虫のいい話はないわけです。

むしろ最初は失敗します。

(効用の一部だけ体感できると言ったほうが正確かな)

 

失敗は2パターン。

  • がんばって感覚を意識しようとしすぎて、リラックスできない
  • 意識を早々に手放してしまい、効果を感じる前に寝落ち

 

寝落ち続出アプリとして有名な「寝たまんまヨガ」ですが、実は途中で寝てしまうと効果は半減するんです。

体の隅々まで力を抜くってこととか、回復を味わって脳にフィードバックってことをやらないで寝ちゃうので、リラックスはできていても、リフレッシュができていない。

逆にリフレッシュしようといつも以上に集中すると、体や頭が緊張してなかなかリラックスできない。

 

感覚を高めるために集中が必要だけど、同時にリラックスしなきゃならない、と。

この記事のはじめのほうで言っていた「集中してリラックスする」という矛盾に悩むわけです。

 

「そんな神業できるかよ!」

 

イヤ、できるんです。

というか実際やってみると分かるんですが、「まったくできない」ってことはないんです。

リラックスしながらちょこっとだけ感覚を鋭くするってことが、すこーしだけはできるんです。

ホントにすこーしだけど。

あとはそれを何度も繰り返せば、その精度が徐々に上がっていきます。

 

コツは前回の感覚を覚えているうちに繰り返すこと。

これを繰り返せば意識することなく「リラックスしながら集中」ができるようになる。

 

つまり練習を繰り返すことで、リラックスの質を高めることが可能になるんです

 

また、練習を繰り返すと、感覚の精度が上がるのと同時に、長い時、間深い瞑想状態を維持することができるようになります。

 

繰り返せば繰り返すほど、効果が上がるんですね。

 

「最強アプリ」、唯一にして最大の弱点

こんな偉大なアプリですが、残念なことにひとつだけ欠点があるんです。

 

連続再生ができない...

 

リラクゼーションプログラムが全部で10個ありますが、連続してプログラムを行いたい時は、いったん起きてスマホの操作が必要。

そのため深くまで落とし込んだ意識が、一度途切れてしまいます。

せっかく練習を繰り返して、長時間の瞑想状態が維持できるようになっても、これでは効果が半減です。

 

でもこの問題を解決してくれるアイテムがあるんです。

 

CD版「寝たまんまヨガ」

 

「ディープリラクゼーション ヨガニドラー(ヨガニードラ) 寝たまんまヨガで簡単瞑想」

 

プログラムの内容は、アプリの「寝たまんまヨガ」とまったく同じです。

値段はAmazonで2,916円、税込み&送料無料。

 

アプリの有料プログラム8個の合計金額が2,320円ですので、CDの方が若干割高ですが、600円上乗せで連続再生機能が手に入ると考えれば、お得です。

むしろCDを購入して音源をスマホに入れておけば、アプリの有料プログラムそのものが必要ないのではないかと...

 

一度アプリの無料プログラムを試してみて、続けられそうであれば、CDを買ったほうが使い方は広がりますね。

 

(※価格はいずれも、2017/2/18時点のものです)

 

まとめ

「寝たまんまヨガ」でできる瞑想のことを、「ヨガニドラー」と言います。

そして1時間のヨガニドラーは、約4時間の睡眠に相当するといわれています。

そんな深い瞑想を手軽にできるようにした「寝たまんまヨガ」はやっぱり偉い!

Alexas_Fotos / Pixabay

facebook

google+

-眠り