医者・病院

よい医者の探し方。多くのうつ病患者は「普通の医者」に通って治してる

2017/05/30

うつ病の本やサイトを見ると
 
「よい医者に診察してもらうことが、うつ病回復のポイントです」
 
というようなことを、よく目にします。
 
本当にそう思います。
よい医者の診察を受けるのと、悪い医者の診察を受けるのとでは、よい医者の診察を受ける方が回復が早いです。
特にうつ病の治療では、他の病気の治療にくらべて、この傾向は顕著です。
 
ただ非常に残念なことに、この「よい医者」を探す方法ってないんです。
 
私もいろいろ試してみましたが、実際に行って話してみないと分からないんですよね、よい医者かどうかって。
 
結局私が至った結論は
 
「ほとんどの人たちは、普通の医者に通ってうつ病を治してる」
 
ということです。
 
 

 よい医者とは「相性が合う医者」

「よい医者とはどのような医者か?」
 
これはずばり、
 
「自分と相性の合う医者」
 
です。
 
一般的に、うつ病におけるよい医者とは
 
  • きちんと話を聞いてくれる
  • 分かりやすく説明してくれる
  • 診察に充分な時間をとってくれる
 
いわゆるインフォームドコンセントを充分に行ってくれる医者がよい医者と言われています。
 
でも、いくら丁寧なインフォームドコンセントを行ってもらっても、相性の合わない医者からだと、長くてクドいだけのものになってしまいます。
 
うつ病治療の本質は「納得」と「安心」です。
インフォームドコンセントもこれらを得る(与える)ための手段にすぎません。
 
逆に言うと、「納得」と「安心」が得られるのであれば、インフォームドコンセントの一部が欠けていても問題はない。
 
この欠けた部分(診療時間、詳しい説明...etc)を補えるような関係を築ける医者。
 
それが「相性の合う医者」です。
 
 

口コミや名医ランキングは「他人にとって相性の合う医者」

さて、前置きが長くなりました。
 
相性の合う医者がよい医者であることは分かりました。
ただ、その医者をどうやって探すか?です。
 
口コミや名医ランキングなどというものがありますが、そのようなものから、相性の合う医者が見つかるとは思えません。
 
口コミや名医ランキングというものは、あくまで他人の価値観に過ぎません。
 
つまり「他人にとって相性の合う医者」が書いてある
 
それだけなんです。
 
他人にとって相性の合う医者が、自分にとって相性の合う医者であるかどうか?
 
そんなことは、実際に行ってみて、その医者に会ってみないと分かりません。
 
結局、相性の合う医者というものは探すものではなく、めぐり合えたらラッキー的なものなんです。
 
口コミや名医ランキングがまったくあてにならないとは言いませんが、あくまで参考として頭の隅に置いておく程度がいいと思います。
 
 

うつ病は普通の医者で治る

結局、よい医者の探し方はありません。
 
自分と相性が合うかどうかなんて、会ってみないと分からないからです。
 
ドクターショッピングでも繰り返せば、もしかしたら見つかるかもしれません。
ただ、ものすごい労力がかかりますし、見つからない可能性の方がはるかに高いです。
 
(※ドクターショッピング:よりよい医者を求めて病院を渡り歩くこと)
 
というより、そもそもそんなことをする必要はないんです。
 
私たちの最終目的は、よい医者にめぐり合うことではなく、うつ病を治すことだからです。
 
うつ病を治すにはどうすればいいか?
 
行った先の病院の医者が普通であれば、そこに通ってください。
普通の医者に通っていれば、うつ病はきちんと治ります。
 
だって、うつ病が治った人なんて山ほどいます。
そしてその人たちが皆、よい医者・相性のいい医者の治療を受けていた。
そんなこと普通に考えてありえませんよね。
 
ほとんどの人たちは、普通の医者に通ってうつ病を治してるんです。
 
ただ、うつ病って治療期間が長いし、うつ病特有の絶望感で、
 
「もうきっと治らない」
 
なんて思いがちになるんです。
 
ところがうつ病が治ってその状態から抜け出せると、うれしくて感謝したくなっちゃうんです。
その感謝の方法のひとつが、
 
「おれの(わたしの)通っていた病院の先生は名医だ!」
 
口コミ名医の誕生、というわけなんですね。
 
 

普通の医者ってどんな医者?

普通の医者は、診察に行くと大体こんな感じです。
 
一通り調子はどうか聞いた後、睡眠と食事が取れているか確認。
変わりがなければ、前回と同じ薬を出して終わり。
診察は5~15分、長くて20分程度。
 
どこの病院も患者数がものすごく多いので、長い話は聞き流されることもあるし、患者をさばいちゃってる感も否めない。
 
「これで本当に治るのか?」
 
そう思うことは何度もありますが、大丈夫です。
うつ病は基本的に病院で治すものではなく、普段の生活の中で治すものですから。
 
病院の心配をするより、薬をきちんと飲んで、睡眠と食事をしっかりとることに専念していれば問題ありません。
 
また、どの医者もそうですが、本当に急を要する症状の時は、優先的に時間を取って適切な対処・対応をしてくれます。
 
 

ヤバい医者ってどんな医者?

このように、医者の良し悪しを考えすぎないよう、何度も訴えてきたわけですが、たま~にいるんです。
 
マジでヤバい医者も。
 
まぁ、ヤバい医者ってそんなに多くはありませんが、万が一めぐり合ってしまった場合は注意が必要です。
 
まず女性に気をつけていただきたいのが、セクハラをする医者
患者が精神的に弱っているところにつけこんできます。
 
初めて聞いたときは「うそだろー」と思いましたが本当にいるそうなんです。
 
病院が終わるまで待たせておいて性行為を強要、なんてことまであります。
 
こういう医者に当たってしまった時はすぐに逃げてください。
 
 
次に、間違える医者
患者を間違えたり、薬や処方を間違えたらアウトです。
なるべく早く転院したほうがよいです。
 
 
あとは、あまりにも相性が合わない医者、ですかね。
たまーにですが、こういうこともあり得ます。
 
クセが強い医者とか、自分の意見を曲げない医者とか。
合う人には合うのですが、合わない人にはとことん合わないんですよね。
 
ただ、相性の問題ではなく、自分の問題(疑心暗鬼・被害妄想)の場合もあるので、まずは他の病院へ一度相談に行ってみて、明らかに相性の問題であれば、転院するのがよいと思います。
 
 

まとめ

結局うつ病の治療では、よい医者を探す方法はありません。
できるのは、ヤバい医者を避けることくらいです。
 
うつ病はほかの病気にくらべて、疑心暗鬼に陥りやすく、医者への不信感を抱きやすいです。
 
そんな感情が頭をもたげてきたら、
 
「みんな普通の医者に通ってうつ病を治している」
 
ということを思い出してみてください。
 
疑心暗鬼が薄れて、冷静な判断ができるようになります。

Alexas_Fotos / Pixabay

facebook

google+

-医者・病院