眠り

NHK Eテレの癒し系番組がすごい!録画して眠れない夜に見てます。

子どもができてから、ちょくちょく見るようになったNHK Eテレ。

幼児向けの番組ばかりかと思いきや、意外や意外。

大人が見ても楽しめる番組が多いんです。

 

特に「癒し系」がすごい。

もともと、子どもを寝かせるために録画しておいたのですが、一緒に見てると寝落ちしまくり。

今では眠れない夜のお供として欠かせない存在になっています。

 

今回はその中でも特に癒し効果の高い、4番組をご紹介いたします。

 

「2355」

毎週、月曜日~金曜日の23:55~0:00に放送している5分番組「2355」。

この番組は「声」。

声の癒し効果がすごいんです。

 

声の出演が豪華すぎる

深夜の5分番組にはあり得ない、豪華な「声の出演」。

(以下、敬称略)

 

細野晴臣、蒼井優、竹中直人、木村カエラ、小泉今日子、中川翔子、太田光(爆笑問題)、デーモン閣下...etc

 

みなさん「1/fゆらぎ」出まくってます。

 

太田光(爆笑問題)の声が優しすぎる

「細野晴臣・蒼井優は分かるけど、太田光(爆笑問題)・デーモン閣下って...?」

 

そんな意見が聞こえてきそうです。

でもこの番組の中では、すべての演出者の声に例外なく癒されます。

 

中でも爆笑問題の太田光さんの声が優しい、優しすぎる。

相方の田中さんとのコーナー、「夜ふかしワークショップ」は必見です。

(田中さん:無言で出演、太田さん:声だけ出演)

 

ちなみにデーモン閣下はあのメイク(ってか素顔か(笑))のままで出演していますが、幼い娘は恐がることもなく「かっかだ、かっかだ!!」と大喜びで見ていました。

 

映像は落ち着いた大人向け、「おやすみソング」「今日のトビー」もおすすめ

声だけでなく、映像やイラストも見ていて非常にリラックスできます。

中でもおすすめは、トビハゼのトビーが一日を振り返る「今日のトビー」。

週代わりの「おやすみソング」も欠かせません。

全体的に「大人向け」な雰囲気の5分番組です。

 

元気が欲しい時は姉妹番組の「0655」。うるさすぎないのがいい。

この「2355」は深夜番組ですが、早朝に放送している「0655」という姉妹番組もあるんです。

朝の番組なので、癒し系というよりはリフレッシュ系ですが、朝番組特有のうるさい感がないのがとてもいいです。

朝、ニュースや情報番組を見たくない人にぴったりな内容です。

 

「デザインあ」

おしゃれで不思議で面白い、そんな映像と音楽が楽しめる番組です。

 

15分の本放送は

  • 毎週土曜日の7:00~7:15

 

ショートバージョンの「5分版」は

  • 毎週月曜日~金曜日の7:25~7:30
  • 毎週月曜日の15:55~16:00
  • 毎週木曜日の17:40~17:45

に放送しています。

 

一流クリエイターたちが本気で子どもを楽しませると「癒し」が生まれる

映像・音楽のクリエイターたちが「マジ」で作り上げているので、ものすごく完成度の高いアートになっています。

でも、ただハイクオリティなだけのアート作品って、ちょっと疲れるんですよね。

見たり聴いたりするのに、高い感性を要求されるような感じがして...

 

ところが「子ども向け」が目的でこういうものが作られると、とたんに親しみやすくなるんです。

 

「子どもがわかりやすいように、子どもが楽しめるように、子どもが安心できるように」

 

そんなことを考えていると、自然と優しく暖かくユーモアになりますよね。

おしゃれでクールなクリエイターたちが見せる、そんな素顔が「デザインあ」の癒しの素、です。

 

そんなおしゃれで楽しい映像と音楽、ぜひこちらからのぞいてみてください。

 

 

「ピタゴラスイッチ」

みんな大好き「ピタゴラスイッチ♪」。

2002年から放送されている、「元祖 おとなも楽しめる 子ども番組」です。

 

15分の本放送は

  • 毎週土曜日の7:45~8:00

ショートバージョンの「ピタゴラスイッチ ミニ」(5分版)は

  • 毎週月曜日~金曜日の7:30~7:35
  • 毎週水曜日の17:40~17:45
  • 隔週木曜日の10:00~10:15

に放送しています。

 

シュールな「ゆるさ」がクセになる

番組に出てくるキャラクターや出演者がかもしだす、シュールなユーモアがたまらない。

キャラクターみんなが妙に無機質。なのに不思議と愛好がある。

かと思えば、ビー玉ひとつがやけに生き生きと冒険をしていて、思わず応援したくなっちゃったり。

視聴者の力が入りきらないツボを、絶妙な演出でついてきます。

「癒し系」というより「脱力系」かな。

「ピタゴラそうち」と「10本アニメ」は特におすすめのコーナーです。

 

「猫のしっぽ カエルの手(ベニシアさん)」

これまで紹介した子供向けショート番組とはちょっと異なるジャンルです。

京都・大原の古民家に暮らす、イギリス出身、英会話教師でハーブ研究家のベニシアさん(1950年生まれ)。

このベネシアさんの、エコでロハスでお洒落なスローライフを紹介する番組です。

 

毎週日曜日の18:00~18:30に放送しています。

 

テレビをつけると必ず子どもが寝る番組

正月に親戚が集まった時、テレビをつけたらたまたま「猫のしっぽ カエルの手」の総集編をやっていたんです。

それを見た妹いわく

 

「この番組を見ていると、あっという間に子どもが寝てるんだよね~」

 

早速見てみました。

いや~、寝れますね。

なんというか、全てがおだやか。

特にベニシアさんからにじみ出る人柄がなんとも癒される。

こんな風におだやかに暮らしてみたいな~、と心から思えます。

 

名作小説『西の魔女が死んだ』が好きな方は必見

わたしの人生の教科書とも言える小説で、梨木香歩さんという方が書いた『西の魔女が死んだ』という名作があります。

ベニシアさんのライフスタイルや考え方は、まさにこの小説そのもの。

ただ、のほほんと癒されるのではなく、深い人生経験に裏づけされた優しさみたいなものを感じます。

 

実際、ベニシアさんの人生って苦難に満ちた大変なものだったそうです。

詳しい説明は省きますが、その苦難を乗り越えたのではなく、今もその苦難とともに生きているんです。

苦しいことを受け入れてなお、心おだやかに生きていくベニシアさん。

本物だな~。

 

録画&連続再生がおすすめ

今回ご紹介した番組、「猫のしっぽ カエルの手」以外、すべて放送時間が短いんです。

そのため普通に見ていると、癒し&眠りの効果はわりとうすいんです。

なので、じっくり癒し効果に浸りたい時は、毎週録画をしておいて、それを連続で見る「連続再生」がおすすめ。

何度見てもいつも同じところで寝落ちするのが、また不思議。

 

「2355」と「ピタゴラスイッチ」は年末スペシャルの録画もお忘れなく

「2355」と「ピタゴラスイッチ」は、より大人向け&時間が長い「年末スペシャル」を毎年放送しています。

これがまたお宝番組、すごく面白いです。

今年の年末まで、まだずいぶん時間がありますが、忘れずに録画しましょう。

時期が近づいたら、わたしのツイッターでもお知らせしますね。

(↓フォローボタンは記事の一番下にあります)

 

まとめ

「癒し系」を探す時、わたしはだいたい子どもを見ます。

子どもが安心できるものって、ほぼ当たりの「癒し」です。

 

NHKの子ども番組・スタジオジブリの音楽・なついている保育園の先生...etc

 

そんな中から、特にすばらしい癒しを4つ、ご紹介させていただきました。

皆さまの平穏と安眠のお役に立てたら幸いです。

3dman_eu / Pixabay

facebook

google+

-眠り